症候性てんかんの知られざる恐怖にラミクタール

症候性てんかんの知られざる恐怖にラミクタールの2015年8月記事一覧

症候性てんかんの治療方法

 急に意識が消失したり、全身に痙攣が起きる等の症状が出るのが症候性てんかんで、場合によっては非常に危険な疾患です。その危険な場合というのが、階段等の足場が不安定な所にいる場合や、自動車等を運転中の場合です。これは、もし、階段の途中で意識が消失するようなことがあれば、そのまま階段から転落したり、自動車運転中に意識が消失すれば、そのまま大事故につながりかねないことを意味してします。
 こうした危険なてんかん発作ですが、原因として、脳波の乱れ等が挙げられます。そのため、てんかんを治療するためには脳波を整える必要があります。その脳波を整えるお薬がラミクタールです。ラミクタールは比較的最近開発、販売されるようになった抗てんかん薬です。ラミクタールは個人によっては、薬疹が出る等の副作用を持ちますが、最近、出回るようになった薬というだけあって、てんかんには非常に効果的です。また、脳波を整える効果もあることから、最近では、気分障害や統合失調症にも効果があるとして注目されています。
 現在では、このラミクタールをネット販売で購入することができます。ネット販売で購入する場合、使用開始後のアフターフォロー等は期待できませんが、病院で処方してもらうよりも安く購入できる場合もあります。また、ネット販売を利用すれば、病院に通院する必要もないため、不必要な受診料を抑えることができる他、診察の待ち時間や、通院にかかる時間もありません。
 こうした利便性もありますが、もし、現在、症候性てんかんを持っているなら、まず、こうしたお薬による治療を始めることを第一としましょう。そして、薬で症状が落ち着いてきたなら、あとは、再発しないように生活リズム等を整えていくことが必要となります。